製造高度化技術一覧

テーマ「製造高度化技術」では、以下の2つの技術を研究しています。各技術へのお問い合わせは、研究室リンクよりお願いします。

高度金型プレス技術

従来の精密プレス加工では、下死点の高度な位置決め精度が要求されるため、高価なサーボプレスを使用しなければなりませんでした。また、設計どおりに製品ができるとは限らず、金型の修正に時間とコストがかかっていました。さらに、安定なプレス動作にするため、室温の管理や打ち始め製品の廃棄なども必要となっていました。そこで、プレス機のスライダーと上型を固定せずにばねにて柔軟に連結する、従来のプレス手法の概念を変える新しい手法を開発しました。これにより、今までの問題を解決し、低コストで高精度な精密プレスを実現することが可能となります。

システム設計研究室

CFD最適化技術

CFD(Computational Fluid Dynamics:数値流体力学)シミュレータを援用した流体挙動の最適化に関する研究を行っています。CFDとは流体の運動に関する偏微分方程式を数値的に解くことで流体の解析を実現する技術であり、CFDシミュレーションの解析結果に基づいた最適化を行うもので、「CFD最適化」と呼びます。この「CFD最適化」に関する技術は、ダイカストや重力鋳造といった鋳造プロセスや人の血液を取り扱う医療システムの開発など、あらゆる液体を扱うプロセスに適用することが可能です。

メカトロニクス研究室