人間のアシスト技術

本リサーチセンターで特に力を入れている開発テーマは、人間のアシスト技術です。工場等で利用できる産業用のアシスト装置や作業姿勢アシスト技術や自動車の運転アシスト技術、さらには医療、福祉分野にいたるまで、様々な分野で利用できるアシスト技術の開発を行っています。これらは、人間の筋骨格系のハード特性から心理的なソフト特性までの十分な解析結果を基に築かれた技術となっています。

アシスト技術を支えるロボット・メカトロ技術

人間のアシスト技術を実現するには、それを支える様々な技術が必要となります。そのための構造設計やモータ、電池の高度化技術、それらの制御技術やその評価技術を有しています。さらに、生体を評価する技術や生体と装置のインターフェース技術など、幅広い技術も有しています。

製造高度化技術

本センターでは、金型プレスと鋳造において、製造効率を飛躍的に高度化できる技術を有しています。金型プレスでは、従来にない独自の金型設計手法により、下死点を高度に安定化し、プレス製品の品質を安定かつ飛躍的に向上させることができます。また、鋳造では、高度なシミュレーション技術により、実際に鋳込むことなくコンピュータによる計算にて最適に鋳型を設計することができます。