研究成果実績

(a)振動操作関数による区分サンプル値制御とその応用

  • “Relation between Posicast-Shaped Function and Vibration Manipulation Function of Undamped 1-DOF Linear Oscillator for One-Time Rest-To-Rest Motion in a Natural Period”, Shigeo KOTAKE, Ryo ICHIZAKI, Mechanical Engineering Journal, 4(4), 17-00031 (2017).
  • “Active Sampled-data Controlled Suspension in Automobile with Vibration Manipulation Functions – Intermittent Desired Elongation Control of Actuator -”, Yuichiro KAWAKITA, Shigeo KOTAKE, International Journal of Automotive Engineering, 7 (2), 77-84 (2016).
  • “Application of Sampled-Data Control by Using Vibration Manipulation Function to Suppress Residual Vibration of Travelling Crane”, Shigeo KOTAKE, Kazunori YAGI and Tatsuya TAKIGAMI, Mechanical Engineering Journal, 2(3), 15-00033 (2015).
  • “端部可動振動子を有する等質量二自由度系の同相-逆相状態間遷移”,高田 宗一朗, 小竹 茂夫, 鈴木 泰之,日本機械学会論文集,82 (835), pp.15-00530 (2016)
  • 特願2014-167884軌道制御装置, 小竹茂夫, 川北 雄一朗,瀧上 龍矢 (2014. 8. 20)
  • 特願2015-50350単振り子式搬送装置, 小竹茂夫, 瀧上龍矢 (2015. 3. 13)
  • 振動操作関数による倒立振子のフィードフォワード制御(区分時間毎のフィードフォワード関数の並びを用いた離散サンプル値安定化制御),小竹茂夫,村田 拓郎,日本機械学会 Dynamics and Design Conference 2017(D&D2017), 2017
  • “Vibration Manipulation Function as General Lifting Function for Discrete Sampled-Data Tracking Control of 1DOF Oscillator”, Shigeo Kotake, 2015 IEEE/SICE International Symposium on System Integration, 2015

(b) ハミルトン系で定式化した状態空間表現

  •  ”複雑な区分入力ベクトルに代わって状態ベクトルと状態行列のみを用いて表現した離散状態空間表現”,小竹茂夫,第60回自動制御連合講演会
  • “一体振動に掛かる非自律系外力を区分仮想ハミルトン系の不連続な並びとして理解する方法(区分入力ベクトルを取り込んだ状態ベクトルと状態行列による新たな表現”),小竹 茂夫,川北 雄一朗,鈴木 泰之,日本機械学会 Dynamics and Design Conference 2017(D&D2017), 2017
  • “一体振動系に掛かる任意の古典外力の背後にあるGroverアルゴリズムの重ね合わせ -非保存力を持つニュートン力学の逆問題の解の一つの表現-”, 小竹 茂夫,川北 雄一朗,日本電子情報通信学会 第36回量子情報技術研究会 (QIT36) 2017
  • “一体振動系のニュートン方程式の逆問題:非保存力をエネルギー転送系の内力の重ね合わせとして表現する方法”,小竹茂夫,川北雄一朗,日本物理学会 第 72 回年次大会,2017

(c) 振動操作関数を用いたエネルギー回生法

  • ” Direct Wave Power Transfer to Transmission Line under Varying Magnetic Field along Vibration Manipulation Function”, Shigeo Kotake, Hiroyuki Douchi and Yasuyuki Suzuki, Techno-Ocean 2016, 2016
  • “Sampled-data control for avoiding tower pitching motion and wave power generation in offshore wind turbine by rotation manipulation function”, Shigeo Kotake, Grand Renewable Energy 2014 International Conference and Exhibition and The 2nd Asia Wave and Tidal Energy Conference, 2014
  • “Suppression of galloping and direct electric generation from overhead transmission line oscillations by using vibration manipulation function”, Shigeo Kotake and Yasuyuki Suzuki, Grand Renewable Energy 2014 International Conference and Exhibition and The 2nd Asia Wave and Tidal Energy Conference, 2014
  • 振動操作関数による離散サンプル値制御を利用したエネルギー回生型アクティブサスペンション,小竹茂夫,自動車技術会2017年春季大会, 2017
  • Groverアルゴリズムを用いた波力集中システム模擬実験装置における設計パラメータの検討(机上の水槽に浮かぶ多体フロートを用いた場合)、芹澤 洋介,小竹茂夫,佐賀大学海洋エネルギー研究センター報告, 21, 47-58 (2016).
  • 多体振り子を用いたエネルギー集中機構の波力発電への応用の試み(波の周期とエネルギ受信振り子の周期の関係)小竹茂夫、 、佐賀大学海洋エネルギー研究センター報告, 19, 33-38 (2014)

(d) 振動操作関数を用いた衝突振動の制御法

  • “一体,二体,三体衝突振動系において定常衝突振動を実現する加振力および強制変位”, 八木 一憲, 小竹 茂夫, 鈴木 泰之,日本機械学会論文集C編, 79 (800), pp.918-930 (2013)
  • “三体衝突振動系における定常衝突解の安定性とその操作”, 八木 一憲, 小竹 茂夫, 鈴木 泰之,日本機械学会論文集C編, 79 (800), pp.931-942 (2013)
  • “振動操作関数による離散サンプル値制御を用いた定常可変なインクリメンタルハンマリング加工”、小竹茂夫, 日本機械学会第3回イノベーション講演会, 2017
  • “一体衝突振動系における定常衝突振動からのずれに現れる準周期的な振動現象”、川北雄一朗,小竹茂夫,日本機械学会 東海支部第65期総会・講演会, 2016
  • “加振一体系定常衝突振動からのずれに現れる不規則振動の振動操作関数による解析”,川北雄一朗,高田宗一朗,小竹茂夫, 日本機械学会 Dynamics and Design Conference 2015(D&D2015), 2015

(e) 振動操作関数を用いた機械要素の設計や損傷解析

  • “カムに駆動されるばね-質量一体振動系に対するカムフォロアの影響(正弦カム-円端カムフォロアに起こる高調波振動)”,小竹 茂夫,ばね論文集,61,13-17 (2016)
  • “General Analytic Trajectory Function of Cam Profile to Suppress Residual Oscillation in Automation and Its Relation to Input Shaper”, Shigeo Kotake and Ryo Ichizaki, The 1st International Conference on Spring Technologies, 2015.
  • “Vibration Affected by Contact Radius and Sinusoidal Wavy Workpiece to Explain Initial Resonance Growth in Turing”, Shigeo Kotake and Yuuki Ito, The 8th International Conference on Leading Edge Manufacturing in 21st Century (LEM21),2015
  • 逆問題から見たカム曲線の設計法とサージングへの応用,小竹 茂夫、日本ばね学会会報, 528, 4609-4610 (2015)
  • “歯車の歯面損傷に起因する円周方向振動の解析的議論”,小竹茂夫, 日本機械学会 第15回評価・診断に関するシンポジウム,2016
  • “正弦波状の板面に接するロールの非正弦波状変位が生む高調波振動の急激な成長 -多段ロールの半径変動が生む振動の理解-”,小竹茂夫,伊藤雄基, 平成28年度塑性加工春季講演会, 2016

(f) 強磁性体における転位と磁壁との相互作用

  • “Application of Anhysteresis Residual Magnetization Method to Evaluate Distribution of Additional Plastic Deformation in Ferromagnetic Metals”, Shigeo KOTAKE, Mechanical Engineering Journal, 3(6), 16-00271 (2016)
  • “Application of Magnetomechanical Effect to Evaluate Plastic Strain Distribution in Cemented Carbide Tool”, Shigeo Kotake, Hirou Nozaki, Kimihiro Ozaki and Keizo Kobayashi, The 8th International Conference on Leading Edge Manufacturing in 21st Century (LEM21), 2015