概要

システム設計研究室では,人間工学と機械工学,制御工学,ロボット工学を融合し,「心に響く」人に優しい機械の設計,開発を行っています.そのため,人間の意思決定から挙動までの特性理解,それに基づく機械の構造設計や制御設計とその評価を行っています.

人間の特性理解では,人間どうしによる物体の協調運搬特性を解析し,国内外に先駆けて可変インピーダンス制御法を開発しました.当手法を工場等で利用できる産業用パワーアシスト装置に適用し,人間どうしと同様のスムーズな操作性を実現しました.また,人の筋肉疲労や椎間板にかかる力などを解析し,長時間,無理な姿勢で行う作業で発生する腰痛等の健康被害を軽減する作業用姿勢アシスト装置を開発しています.これは,モータなどのアクチュエータを使用せず,弾性材や機械的機構によりアシスト力を発生する構造を持っており,軽量かつ装着性にも優れています.

車の自動運転や運転アシストシステムの開発にも力を入れています.人間ドライバーの運転挙動を解析し,モデル化することで,人間のように運転することが可能な自動運転システムを開発しています.これにより,自動運転車に乗車している人の乗り心地を良くするとともに他の車を運転する人間ドライバーにとっても優しい運転を実現することができます.また,人が理解しやすく受容性の高い運転アシストシステムの開発のため,運転環境のリスク提示手法やステアリング等の操作感制御法の開発を行っています.

その他,人間の疲労解析技術による椅子や車のシートなど,人の着座疲労軽減技術の開発やインピーダンス特性解析技術による金型プレスや射出成形などの生産向上技術の開発も行っています.

メンバー

教授

池浦良淳

准教授

早川聡一郎

助教

堤 成可

非常勤研究員

澤井秀樹

非常勤事務補佐員

藤原明子

学生,その他

大学院生 13名
学部生 10名
特別聴講生 1名
リサーチフェロー 1名