研究室一覧

システム設計研究室

現代社会には,航空機や車,ロボットなど,人と機械が協調するシステムが数多くあります.システム設計研究室では,その人間機械協調システムにおいて,「心に響く」人に優しい機械の設計,開発を行っています.そのため,人間工学に基づく人の挙動理解,制御工学や情報工学に基づくシステム設計及び機械工学,ロボット工学に基づく機械構造の設計,開発,さらに,保有技術を応用して,金型プレスや射出成形などの生産向上技術,アシスト器具による作業者の疲労改善技術,椅子や車のシートなど,人の着座疲労軽減技術の開発も行っています.

メカトロニクス研究室

メカトロニクス研究室では,人間と機械の共生を目指す社会支援システムの創出を目的とした研究を行っています.制御工学・システム工学の分野では、機械システムの自律化・知能化による知能機械システムの創出,情報コミュニケーション,ロボティクス・メカトロニクスの分野では,人間支援技術の開発による人間支援ロボットの創出,生命・医療・福祉の分野では,人間機能の解明と高度化による機能高度化システムの創出を目指しています.

電機システム

本研究室ではメカトロニクス機器に対するモーション制御の研究や、手術や危険作業等に適応可能な力覚フィードバック機能を有する遠隔操作技術、人間環境で作業を行うロボットに関する研究や、人間の運動機能の診断・支援装置の開発を行っている。

制御システム研究室

本研究室では電気モータを主軸に,これの・制御工学・回路工学に関する研究を行っており,あらゆる電動機器を対象にした技術開発に取り組んでいる.制御工学では一般的なモータを対象とした機械系振動の抑制制御や位置センサレスモータドライブ,回路工学では昇圧形や単相入出力のマトリックスコンバータ(AC‐AC直接変換器)について取り組んでいるほか,独自のモータ開発なども行っている.今後はIoTに向けたモータ遠隔制御や,波力発電など回生エネルギーシステム用モータの設計や制御などにも取り組みたい.

プロセス解析研究室

研究の分野: 機械工学,メカトロニクス,情報工学,そして認知科学など,多様な学問分野を総合して,脳の認知や筋骨格系の動作の神秘を探究する.
研究のアプローチ: 脳の認知や筋骨格系の動作に関して得られた知見を活用して,人に動作を教えることのできる機械(ロボット,あるいはマン・マシンインタフェース)を開発する.
研究の特色: 機械が人に動作を教示し,機械から教示された動作を人が認知し,学習することに注目していること.

エネルギーシステム研究室

「エネルギーシステム研究室」は,エネルギーの重要性がますます高まってきたことを背景として,パワーエレクトロニクス技術を基盤として省エネルギー・エネルギーの有効活用を目的に,平成10年に誕生しました。研究室では,風力・太陽光などをはじめとする再生可能エネルギーを利用した,環境への負荷の少ない発電システムの開発や,燃料電池の模擬装置の作成や,高効率かつ高性能な電力変換システムの研究・開発を行っています。

生体システム工学研究室

本研究室では,機械や構造物を安全に設計する上で欠かせない学問分野である材料力学・固体力学を基礎として,新素材の実用化と医療診断・治療の支援を目標とした研究を進めています.現在のスタッフは稲葉忠司教授,吉川高正准教授,中村昇二技官の3人で,およそ20人の学生さんたちと一緒に研究室を盛り上げています.

量子応用工学研究室

従来の機械工学の分野に、現代物理(量子力学)や材料工学の視点を取り入れて、新しい問題解決を提案することを目指した研究室です(図①).研究内容は大きく二つに分かれ,電子論に代表される凝縮系物理を機械工学の様々な現象(力学物性・トライボロジー・熱物性)や材料開発(DCプラズマ気相合成・半導体結晶成長)に応用する研究と,量子アルゴリズムの概念を機械力学や制御理論に応用する研究とをおこなっています.当リサーチセンターでは主として後者の分野を中心に活動しています.

生産環境システム学研究室

本研究室では長年一貫して設備診断技術に関連する「計測技術」、「信号処理技術」、「簡易診断技術」、「精密診断技術」、「余寿命診断技術」の基礎・応用研究を行い、先進かつ実用な「簡易・精密診断装置システム」の開発技術および現場設備診断の応用技術の高度化に関する研究を行っています。また、設備診断技術とロボット技術との融合により「生産プラントの知的点検・診断ロボット」に関する基礎・応用研究も行っています。